所長

高橋 寿一(たかはし じゅいち)

情報工学博士 フロリダ工科大学大学院にてCemKaner博士(探索的テスト手法考案者)、JamesWhittaker博士(How Google Tests Software著者)にソフトウェア品質の指導を受けたあと、広島市立大学にてソフトウェア品質研究により博士号取得。
Microsoftシアトル本社・SAPジャパンでソフトウェアテスト業務に従事、ソニー(株)ソフトウェア品質担当部長を経て現在、株式会社AGEST執行役員CTSO、株式会社デジタルハーツホールディングスCTSO。

著書紹介

  • 『知識ゼロから学ぶソフトウェアテスト』翔泳社
  • 『現場の仕事がバリバリ進む ソフトウェアテスト手法』技術評論社
  • 『ソフトウェア品質を高める開発者テスト』翔泳社

所長あいさつ

 AGEST Testing Lab.は、ソフトウェアテストに特化した研究組織です。今後ソフトウェアはDXや、車載のコンピュータ化が進んでいきますが、それに伴いソフトウェアの複雑性が増し、そして品質の低下は自明の理です。
そんな中皆様の会社ではその準備ができていますか?すでにソフトウェアのテストは手動でできる範囲はほとんどなく、がんばってもソフトウェア全体の数パーセンしかテストできていません。ただなにも考えずに自動でやれば、それが広がるかというと結局同じことの繰り返しの場合もあり、ソフトウェアの一部をテストするに過ぎないことがあります。
 今後のソフトウェアテストは肥大化するソフトウェアに対して適切に網羅するような戦略を効率的に実行するという方向にいくと考えます。例えばAIのソフトウェアの場合、そのAIエンジンのソースコード量は小さいですが、様々そして膨大なデータをテストしなければいけません。そうなると既存の境界値テストといったテスト手法は無意味になり、いかに行列計算を網羅するという世界に入っていきます。
新しいソフトウェア社会を支えるための新しいテスト技術を研究する組織として、皆様に役立つ研究成果を公開していきます。